2021年05月14日

2021年度介護報酬改定を読み解く-難しい人材不足への対応、科学化や予防重視の利害得失を考える

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 介護保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2021年4月から介護保険の「公定価格」である介護報酬が変わった。介護報酬は3年に一度の頻度で見直されており、全体の改定率は0.7%増となった。今回の改定では、新型コロナウイルスや水害被害を受けて、感染症や災害対応に備える業務継続への支援に力点が置かれたほか、データに基づく介護を目指す「科学的介護」に関する加算が創設されるなど、重度化防止の傾向が一層、強まった。さらに、人材不足に対応するための人員基準の緩和も盛り込まれた。

本稿では、厚生労働省の整理に沿って、介護報酬改定の内容を「感染症や災害への対応力強化、」「介護人材の確保・介護現場の革新」など5つの点で取り上げるとともに、改定内容から見えて来る制度の課題を読み解く。その際には人材と財源の「2つの不足」、中でも人材不足が制度の制約条件となりつつある点を念頭に置きつつ、科学化や予防重視による利害得失も指摘する。

■目次

1――はじめに~2021年度介護報酬改定を読み解く~
2――介護報酬改定の全体像
  1|介護報酬改定を巡る政府・与党内の攻防
  2|5項目で整理された介護報酬改定の柱
3――介護報酬改定の内容(1)~感染症や災害への対応力強化~
4――介護報酬改定の内容(2)~地域包括ケアシステムの推進~
  1|7つに整理された「地域包括ケア」関係の内容
  2|認知症への対応力向上に向けた取組の推進
  3|看取りへの対応の充実
  4|医療と介護の連携の推進
  5|在宅サービスの機能と連携の強化
  6|介護保険施設や高齢者住まいにおける対応の強化
  7|ケアマネジメントの質の向上と公正中立性の確保
  8|地域の特性に応じたサービスの確保
5――介護報酬改定の内容(3)~自立支援・重度化防止に向けた取組の推進~
  1|3項目に分かれた介護予防・重度化防止
  2|リハビリテーション・機能訓練・口腔・栄養の取組の連携・強化
  3|介護サービスの質の評価と科学的介護の取組の推進
  4|寝たきり防止、重度化防止の取組の推進
6――介護報酬改定の内容(4)~介護人材の確保・介護現場の革新~
7――介護報酬改定の内容(5)~制度の安定性・持続可能性の確保~
8――介護報酬改定から見える制度の将来像
  1|制度の制約条件としての人材、財源の2つの「不足」
  2|予防重視の狙いと矛盾
9――診療報酬との近似性が深まる問題点
  1|極端な制度の複雑化
  2|データを重視し過ぎる弊害
10――ケアマネジメント改革の論点
11――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年度介護報酬改定を読み解く-難しい人材不足への対応、科学化や予防重視の利害得失を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年度介護報酬改定を読み解く-難しい人材不足への対応、科学化や予防重視の利害得失を考えるのレポート Topへ