2020年11月30日

骨太方針に盛り込まれた「社会的処方」の是非を問う-薬の代わりに社会資源を紹介する手法の制度化を巡って

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

政府内では現在、「社会的処方」(Social prescribing)の制度化に向けた議論が進んでいる。これはストレスや孤立などを感じている人に対し、医師が薬の代わりに患者団体などコミュニティの資源などを紹介することで、その人に生き甲斐や社会参加の機会などを持ってもらう方法であり、英国などで実施されている。

こうした社会的処方について、今年7月の骨太方針(経済財政運営と改革の基本方針)でモデル事業の実施方針が唐突に盛り込まれたのを受け、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)では介護報酬への反映も視野に入れた議論が展開されている。

しかし、筆者自身としては、(1)英国と医療制度が大きく違う、(2)ソーシャルワークの違いが不鮮明――という2つの点で、診療報酬への反映など本格的な制度化には慎重な姿勢が求められると考えている。

以下、社会的処方の発祥地である英国の事例を見つつ、社会的処方の概念を整理し、国内での実践例や制度化に向けた議論も概観する。その上で、2つの疑問点を中心に、制度化に向けた論点、その是非を問う。

■目次

1――はじめに~社会的処方の功罪を考える~
2――社会的処方とは何か
  1|英国における社会的処方の淵源と定義
  2|健康の社会的決定要因との関係
3――社会的処方で期待されている効果
4――社会的処方に関する国内の事例
  1|川崎市を拠点とした社会的処方研究所など現場の動向
  2|プライマリ・ケア連合学会などの動き
5――骨太方針に至る自民党の議論、審議会の動向
  1|骨太方針の記述
  2|自民党議員連盟の提案
  3|介護給付費分科会の議論
  4|制度化に向けた展望
6――社会的処方を巡る疑問(1)~英国の医療制度との違い~
  1|診療報酬制度の違い
  2|代理人になり得るGPの存在
  3|日英の制度的な違いを踏まえた整理
7――社会的処方を巡る疑問(2)~ソーシャルワークとの違いが不鮮明~
  1|ソーシャルワークとは何か
  2|ソーシャルワークとの相違点を踏まえた整理
8――社会的処方の制度化に伴う「副作用」
  1|プロフェッショナリズムを失わせる危険性
  2|医療化を引き起こす危険性
9――社会的処方のプラス面
10――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【骨太方針に盛り込まれた「社会的処方」の是非を問う-薬の代わりに社会資源を紹介する手法の制度化を巡って】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

骨太方針に盛り込まれた「社会的処方」の是非を問う-薬の代わりに社会資源を紹介する手法の制度化を巡ってのレポート Topへ