2020年04月24日

2020年度診療報酬改定を読み解く-医師の働き方改革や医療提供体制改革、オンライン診療を中心に

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

医療サービスの公定価格である診療報酬が2020年4月に改定された。診療報酬は概ね2年に一度、改定されており、今回も例年と同様、改定率を巡って政府と与党、関係団体による攻防が年末に繰り広げられた。さらに個別テーマに関して、中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)を中心に議論が展開され、医師の働き方改革や医療提供体制改革、オンライン診療などについて、関係団体による細かい利害調整が積み重ねられた。

本レポートでは、改定率を巡る攻防や関係団体の評価を概観した後、4月改定の新たなルールのうち、(1)医師の働き方改革、(2)医療提供体制改革、(3)オンライン診療の規制緩和――について改正内容を考察し、その背景や今後の論点、影響を考察するとともに、国民にとって分かりやすい議論の必要性を指摘する。中でも、オンライン診療に関しては、新型コロナウイルスの拡大防止策の一環で、対象を対面で診察した患者に限定する「初診対面原則」の撤廃が時限的に決まっており、こうした点も視野に入れつつ、論点や方向性を論じる。

ただし、ここでの考察の多くは年明け時点までの議論を前提としており、最近の新型コロナウイルス問題を必ずしも考慮できていない点は念頭に置いて頂きたい。

■目次

1――はじめに~診療報酬改定を読み解く~
2――新型コロナで様変わりした様子
3――診療報酬改定率を巡る攻防
4――診療報酬改定の重点項目
5――焦点となった医師の働き方改革
  1|救急医療体制支援など改定の内容
  2|地域医療介護総合確保基金での対応
  3|規制と財政支援の双方で進める方向性が明確に?
6――医療提供体制改革(1)~急性期病床の見直し~
  1|公益裁定となった改定内容と争点
  2|地域医療構想との関係で見る改定内容
  3|地域医療構想との不明確な関係が対立の遠因
7――医療提供体制改革(2)~かかりつけ機能など外来医療の見直し~
  1|紹介状なしの上乗せ定額負担の対象拡大
  2|かかりつけ医機能の強化と狙い
  3|機能分化を果たす上で重要な「代理人」の存在
  4|似たような言葉が林立している問題点
  5|制度改正の方向性
8――オンライン診療の規制緩和
  1|要件を部分的に緩和
  2|新型コロナを受けて状況が一変
  3|「初診対面原則」を原則とした一層の制度改正を
9――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
56889_ext_01_0.jpeg

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年度診療報酬改定を読み解く-医師の働き方改革や医療提供体制改革、オンライン診療を中心に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年度診療報酬改定を読み解く-医師の働き方改革や医療提供体制改革、オンライン診療を中心にのレポート Topへ