2020年02月05日

「上手な医療のかかり方」はどこまで可能か-医療サービスの特性を踏まえて効果と限界を考える

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

上手に医療にかかりましょう――。厚生労働省は2019年度から国民などに対し、「上手な医療のかかり方」の必要性を促している。上手な医療のかかり方とは、夜間・休日よりも日中に受診したり、いきなり救急車を呼んだりしない受療行動を指しており、厚生労働省は毎年11月を「医療のかかり方を考える月間」に指定。著名アーティストらを大使に任命することで、国民に対する啓発活動を展開している。

こうした活動を通じて、医療に対する国民の注意を惹き付けることは極めて重要である。例えば緊急性を考えずに救急車を呼ぶような受療行動が減り、患者が状態に応じて適切に受診できるようになれば、医療提供者の負担を軽減できる。

しかし、医療サービスでは患者―医師の情報格差が大きいため、患者の自己決定に多くを期待するのは難しく、国民の意識啓発だけでは限界があると考えている。本レポートでは、上手な医療のかかり方を巡る議論を考察するとともに、運動論としての必要性を考察する。一方、医療サービスの特性や行動経済学の知見を踏まえつつ、その限界も指摘した上で、プライマリ・ケアの制度化など必要な施策を論じる。

■目次

1――はじめに~「上手な医療のかかり方」は可能か~
2――上手な医療のかかり方とは何か~示された5つのプロジェクト~
3――上手な医療のかかり方が浮上した背景
  1|医療現場の疲弊
  2|病床機能再編などの政策動向
4――上手な医療のかかり方で期待される効果
  1|医療現場の負担軽減
  2|患者のメリット
  3|トータルの医療費の抑制
  4|期待される効果
5――「下手な医療のかかり方」が生まれる理由の考察(1)~国民の無知が原因?~
  1|「下手な医療のかかり方」の事例
  2|国民の無知が原因とは言えない?
  3|受診した理由は緊急性
6――「下手な医療のかかり方」が起きる理由の考察(2)~医療サービスの特性からの視点~
  1|情報の非対称性
  2|不確実性が大きい
7――「下手な医療のかかり方」が起きる理由の考察(3)~行動経済学的な視点~
  1|利用可能性ヒューリスティック
  2|システム1とシステム2
8――救急搬送の軽症者は「下手な医療のかかり方」と言い切れるか
9――上手な医療のかかり方を実現する上で必要なことは何か
  1|意思決定に向けた代理人機能の充実
  2|医療の「入口」を絞り込む制度改正
  3|標準的な医療情報の開示
  4|患者団体・住民団体による相互の学び
  5|自治体による主体的な取り組み
10――おわりに
【参考資料】懇談会の宣言で示された関係者ごとの「要因」と「アクションの例」
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【「上手な医療のかかり方」はどこまで可能か-医療サービスの特性を踏まえて効果と限界を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「上手な医療のかかり方」はどこまで可能か-医療サービスの特性を踏まえて効果と限界を考えるのレポート Topへ