2021年02月10日

2020年、コロナ禍中の米国における個人生命保険、個人年金販売-ソーシャルディスタンスと対面販売(3)-

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   松岡 博司

米国 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

パンデミックの中で経過した2020年の米国生保の動向を主に販売の面から振り返る。

個人生命保険販売では、件数面では順調な回復が認められるが、保険料の面では不安要素もある。2020年通年の申込件数は、2019年対比で4%増加した。4%の増加は近年まれに見る高い増加率である。しかし新契約保険料の面ではいまだ対前年マイナスが続いている。

販売件数が増えるのに保険料ではマイナスとなる背景は、販売契約が小口になっているから。具体的には大口の契約が多いユニバーサル系の商品が販売不振であることが大きい。

その背景には、件数増に大きく貢献しているオンライン販売にユニバーサル保険等のコンサルティング販売が必要な商品がうまく乗らないことがある。

なお46万人を超える死者が発生したパンデミックの中で、生保会社の死亡保険金支払いは12%増加したという統計がある。

■目次

はじめに
1――個人生命保険販売は回復が認められるが保険料の面では不安要素もある
  ・件数ベースでは順調な回復
  ・新契約保険料ベースでは不安要素も
  ・ユニバーサル保険の不振
2――個人年金の販売業績はいまだ回復途上
3――米国生保の決算動向
さいごに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年、コロナ禍中の米国における個人生命保険、個人年金販売-ソーシャルディスタンスと対面販売(3)-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年、コロナ禍中の米国における個人生命保険、個人年金販売-ソーシャルディスタンスと対面販売(3)-のレポート Topへ