年で絞り込む

2017年10月20日

欧州通貨基金(EMF)構想と欧州預金保険スキーム(EDIS)

欧州連合(EU)の改革の議論が本格化している。ユーロ制度改革は、EU改革の重要テーマの1つであり、今年5月の欧州委員会の考察文書には、2025年のユーロ制...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年10月20日

地域創生トレセン・フィールドワークレポート-地域創生のプレイヤー達をつなぎ、育てる取り組み

2011年の東日本大震災以降、日本の地域内および地域間の繋がりの重要性が改めて注目されてきた。地産地消や郷土料理、その地域ならではの体験など、地域の魅力発...

続きを読む

和良地 克茂
2017年10月19日

株式市場の展望と投資戦略-日経平均は2万2000円を無理なく達成へ

56894_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は10月13日に2万1,000円を超えた。終値で2万1,000円を回復するのは1996年11月29日以来の約21年ぶりとなる。北朝鮮問題など地...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年10月19日

貿易統計17年9月-7-9月期の外需寄与度は前期比0.4%程度のプラスに

財務省が10月19日に公表した貿易統計によると、17年9月の貿易収支は6,702億円と4ヵ月連続の黒字となり、事前の市場予想(QUICK集計:5,600億...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年10月19日

YCC導入後の20年国債金利-金融政策の出口に関する情報はどこに織り込まれるか

2016年9月のYCCとオーバーシュート型コミットメント導入後の20年国債金利の動向について考える。YCC導入後は、10年国債金利がゼロ%周辺を推移する状...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月19日

【9月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は112.7万件、前月から減少幅が拡大、市場予想を大幅に下回る結果

10月18日、米国センサス局は9月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は112.7万件(前月改定値:118.3万件)と、118...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年10月19日

先進医療などの対象となる医療技術の変遷-30年間における新技術の定着と保険適用の拡大

公的医療保険制度においては、全国民一律の医療サービスの提供が原則とされてきたが、患者の選択肢を広げ、利便性を向上させる観点から、1984年10月、高度先進...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年10月18日

ネット損保の衆安保険、株式上場-加速するアリババ、テンセントからの「卒業」?-中国保険市場の最新動向(28)

10月の国慶節直前に、中国初のネット専業の保険会社-衆安在線財産保険(以下、衆安保険)が香港株式市場に上場した。アリババ(アリ金融)、テンセント、平安保険...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年10月17日

ドイツの生命保険会社の状況(2)-BaFinの2016年Annual Report等より(ソルベンシーII制度下での報告(含むORSA))-

前回のレポートでは、ドイツの保険監督官庁であるBaFin(Bundesanstalt fur Finanzdienstleistungsaufsicht:連邦...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年10月17日

ポーランド紀行(その1)-中世の街並みから聞こえる「声」

56883_ext_03_0_S.jpg

9月中旬、ポーランドの空気は既に冷たかった。昨年1月、東京・成田とワルシャワ間にポーランド航空の直行便が就航、日本からの観光客が増えているという。一方、ウ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年10月16日

金融政策の超長期国債金利への影響について考える-金融政策による超長期国債金利の押し下げ効果の測定

20年国債金利を「10年国債金利」と「20年国債金利と10年国債金利の差分(スプレッド)」に分解して、物価の安定目標の導入による時間軸効果も含めて、日本銀...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月16日

日本国内における「国際結婚・この20年の推移」-未婚化社会データ考察-「その先に在る運命の人」

56881_ext_03_0_S.jpg

学際的な少子化対策研究のひとつとして結婚に関する研究も行っている立場上、「国際結婚ってどうなっているのでしょうか」という質問を受けることが少なくない。特に...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2017年10月13日

医療費支出の概要~男女差に着目して

医療の高度化や寿命の延伸等によって、医療費は毎年およそ1兆円ずつ増加しており、2015年度には42兆3,644億円となった。2016年度の医療費は、14年...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2017年10月13日

中期経済見通し(2017~2027年度)

世界経済は緩やかな回復が続いているが、労働需給が引き締まる中でも賃金、物価上昇率は依然として低水準にとどまっている。今後10年間の平均成長率は先進国では過...

続きを読む

経済研究部
2017年10月13日

貸出・マネタリー統計(17年9月)~「貯蓄から投資へ」の動きは確認できず

10月12日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、9月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.99%と前月(同3.24%)から低下した。伸び率の低...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年10月11日

AIGのSIFI指定解除について-FSOCの公表内容と関係者の反応-

米国のFSOC(Financial Stability Oversight Council:金融安定監督評議会)は、9月29日にAIG(American Inte...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年10月11日

長時間労働の改善のための考察-その1 - 新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を -

日本で長時間労働による弊害と過労死が社会的に注目され始めたのは1980年代後半からである。日本における長時間労働やサービス残業は、終身雇用制や年功序列制度...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年10月10日

ドイツの生命保険会社の状況(1)-BaFinの2016年Annual Reportより(ソルベンシーIIスタート後の1年間)-

ドイツの生命保険会社の健全性やソルベンシー等の財務状況については、昨今の低金利環境が継続する中で、引き続き注目の的となっている 。こうしたドイツの生命保険会...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年10月10日

先週のレポート・コラムまとめ【10/3~10/6】:人手不足はどこまで深刻なのか

56845_ext_03_0_S.jpg

■先週のアクセスランキング■新着レポート本数:14本

続きを読む

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

のレポート Topへ