2016年02月16日

先週のレポート・コラムまとめ【2/9~2/15】:マイナス金利導入-副作用が大きくなる前に成長戦略の実行で投資機会拡大を

52248_ext_03_0.jpg

文字サイズ

新着レポート本数:13本

▼Weeklyエコノミスト・レター
 
QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.4%)
 ~民間消費の大幅減少などから2四半期ぶりのマイナス成長

 
-----------------------------------
 
▼研究員の眼
 
CSR/CSVとして見た健康配慮経営
 ~健康配慮の社員食堂と一般向け食堂開業のT社を事例として~

 
ジェロントロジー「教育」の行方
 
マイナス金利の影響~私たちのくらしはどう変わる?
 
“健康経営”の時代-人材確保のリスクマネジメント
 
-----------------------------------
 
▼基礎研レター
 
投資家は賢くなったか-リキャップCB実施企業の株価は語る
 
上司が部下の「介護離職」を止めるためには
 -介護に突然直面したケースの「初動」について考え

 
スーパーアニュエーションの動向
 ~マイスーパーを中心としたオーストラリアの年金~

 
欧米生保市場定点観測 米国最大手生保メットライフの会社分離計画
 ―ノンバンクSIFI指定を巡る攻防―

 
-----------------------------------
 
▼不動産投資レポート
 
東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2016年)
 -2016年~2022年のオフィス賃料・空室率

 
-----------------------------------
 
▼経済・金融フラッシュ
 
企業物価指数(2016年1月)~急激な原油安で大幅なマイナス
 
【インドGDP】10-12月期は前年同期比7.3%増
 ~消費主導の力強い成長が継続

 
景気ウォッチャー調査(16年1月)
 ~中国の景気減速懸念が再浮上、株安・円高で一段と悪化

 

先週のアクセスランキング(5位~1位)

このレポートの関連カテゴリ

(2016年02月16日「その他レポート」)

レポート

アクセスランキング

【先週のレポート・コラムまとめ【2/9~2/15】:マイナス金利導入-副作用が大きくなる前に成長戦略の実行で投資機会拡大を】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

先週のレポート・コラムまとめ【2/9~2/15】:マイナス金利導入-副作用が大きくなる前に成長戦略の実行で投資機会拡大をのレポート Topへ