2016年01月25日

景況見通しが一変、悲観が楽観を上回る~不動産価格のピークは15~18年と見方分かれる~第12回不動産市況アンケート結果

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

要 旨
 
  • 第12回不動産市況アンケートにおいて、現在の不動産投資市場全体(物件売買、新規開発、ファンド組成)の景況感について聞いたところ、3年連続で「良い」または「やや良い」が約9割を占めた。
  • 6ヵ月後の景況見通しについては、2008年度以来初めて、「悪くなる」または「やや悪くなる」が、「良くなる」または「やや良くなる」を上回った。
  • 今後、価格上昇や市場拡大が期待できる投資セクター(証券化商品含む)としては、昨年に続き「ホテル」が最も多く、「物流施設」も増加した一方、「オフィスビル」の減少が目立った。
  • 不動産投資市場におけるリスクとしては、「海外経済」が「国内景気」を上回って最も多く、次いで、「金利」、「地政学リスク」が続いた。
  • 2016年の東証REIT指数の年間騰落率については、「0~+15%」の予想が最も多く、上下15%以下に収まるとの見方が9割を超えた。
  • 不動産価格のピーク時期については、3割近くが既にピークとした一方、18年まで価格上昇が続くとの見方が過半数を占めた。また、東京オリンピックを視野に19年以降も価格上昇が続くとの見方は限定的であった。
77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【景況見通しが一変、悲観が楽観を上回る~不動産価格のピークは15~18年と見方分かれる~第12回不動産市況アンケート結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

景況見通しが一変、悲観が楽観を上回る~不動産価格のピークは15~18年と見方分かれる~第12回不動産市況アンケート結果のレポート Topへ