2015年05月18日

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 5月18日、中国国家統計局は2015年4月の住宅販売価格変動状況を発表、中国国家統計局の解説では「初歩的測定では、4月は70都市の新築商品住宅(除く保障性住宅 )価格の総合平均が前月比0.3%上昇」としており、住宅価格は約1年ぶりに下げ止まった模様である。

○ 住宅価格は下げ止まった模様だが、在庫水準は依然として高く、このまま上昇基調に転じるとは楽観できない。最高値から7%下落しただけでも、経営不安に陥る不動産業者がでてきており、再び下落に転じるようだと景気が悪循環に陥る恐れが高まりかねない面がある。従って、来月発表される5月の住宅価格が再び下落しないか要注目である。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

(2015年05月18日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新のレポート Topへ