2008年12月05日

12月ECB政策理事会:75bpの追加利下げ、過去最低更新も視野に

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・異例のピッチで利下げ、今後については選択の余地を確保
・ユーロスタッフ経済見通しは大きく下方修正
・1~3月期には政策金利は過去最低水準に

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は4日に政策理事会を開催、過去最大の75bpの利下げを決めた。3カ月間で175bpという異例のピッチの利下げによって政策金利は2.5%となった。
同時に公表されたユーロシステム(ECBとユーロ参加中央銀行)のスタッフによる見通しは、2009年の成長率(中央値)はマイナス0.5%、インフレ率はECBの定義による「(2%以下でその近辺という)安定的水準」を大きく下回る1.4%に一気に下方修正された。
トリシェ総裁は、質疑応答の中で、再三にわたり過去3カ月の利下げが異例のピッチで行われたことを強調し、追加利下げ観測を牽制したものの、可能性を排除した訳ではない。足もとの状況は政策金利が2%の過去最低をつけた2003年よりも厳しく、1~3月期にECBの政策金利が2%を割り込む可能性は高まっている。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【12月ECB政策理事会:75bpの追加利下げ、過去最低更新も視野に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月ECB政策理事会:75bpの追加利下げ、過去最低更新も視野にのレポート Topへ