2008年07月04日

7月ECB政策理事会:25bp利上げは1回限りか?

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は4.25%に引上げ
・追加利上げ観測を牽制
・排除できない追加利上げの可能性

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は3日開催の政策理事会で前回の記者会見で示唆したとおり25bpの利上げを決めた。トリシェ総裁のコメントからは前回利上げバイアスへの転換を示すために用いられた「警戒を高めている」が削除、「先行きの約束しない」としながらも、「バイアスはない」という言葉で中立姿勢への回帰と現時点では連続利上げの意図はないことが示された。
筆者はECBの利上げは今回1回限りをメイン・シナリオと考えているが、輸入インフレが長期化、インフレ期待が高まり、賃金と物価のスパイラルの傾向が強まった場合には、追加利上げに踏み切らざるをえなくなると見ている。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【7月ECB政策理事会:25bp利上げは1回限りか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月ECB政策理事会:25bp利上げは1回限りか?のレポート Topへ