企業年金

少子高齢化により公的年金の給付水準が今後低下することに備え、自助努力として個人年金とともに企業年金制度の見直し・充実がこれまで以上に重要なテーマとなっています。この「企業年金」の一覧では、確定給付年金、確定拠出年金、退職給付会計、年金基金、海外の企業年金での取り組み、企業年金運用等、企業年金をめぐる諸課題について、タイムリーに解説・分析・提言を行います。

年で絞り込む

  • 2019年02月05日

    マイナス金利債券は投資に値しないのか

    金融緩和政策が続く中、国債利回りは低空飛行を続けている。10年債の利回りはゼロ近傍、残存7、8年でもマイナス利回りである。このため年金基金には、マイナス金利の債券は投資に値しないとして、長期ないし超長期の債券だけに...

  • 2019年02月05日

    成熟度の高まりを考慮したDB運営

    良好な運用環境を背景に、DBの平均的な積立状況は大きく改善している。その一方で、成熟度は高まっており、給付支払額が掛金収入額を上回るDBも増加傾向を辿っている。超低金利環境が長引くなか、DB運用においては国内債券か...

  • コラム
    2019年02月04日

    積立投資の存在感が増す投信市場~2019年1月の投信動向~

    2019年1月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内債券、外国債券以外の資産では資金流入があった。特に、外国REITは2016年12月以降、資金流出が続いていたため、約2年ぶりの資金流...

  • 2019年01月08日

    60歳を迎えて老後の生活資金を考える-お得な年金受取方法と資産運用とは何か-

    年金の受取り方と老後の資産運用をどうすべきかについて、会社員や公務員を主な対象に、基本的なことに関しての考え方について私見を述べていきたい。まず、厚生年金や基礎年金をどう受け取るべきかについてだが、公的年金は投資で...

  • 2019年01月08日

    環境変化への備えが必要

    現在の景気拡大が今月も続けば、2002年1月から2008年2月まで続いた「いざなみ景気」の73カ月を抜き、景気拡大期間は戦後最長となる。米国でも2009年7月に始まった景気拡大は、今年の夏場に戦後最長の10年を更新...

  • 2018年12月05日

    「ソフトな」DB(給付建て)退職給付制度と企業財務

    米国等と異なり、日本ではDB(給付建て)退職給付制度を有する企業が依然として多い。日本のDB制度は、米国の制度のような強制拠出が求められないこと、労使合意の下で給付減額が可能であるなど、ソフトなDB制度と言える。こ...

    佐々木 隆文

  • コラム
    2018年11月30日

    圧縮進む退職給付に係る負債

    確定給付型の企業年金や退職一時金制度を導入する企業は、退職給付に関する積立状況を母体企業の財務諸表に反映する必要がある。連結財務諸表においては、退職給付債務と年金資産の差額を「退職給付に係る負債」として、連結貸借対...

  • 2018年11月05日

    5年に1度は、いつ来るか

    公的年金の将来見通しは、少なくとも5年に1度作成されることが法定されている。前回は2014年6月なので次は来年の同時期と思いがちだが、実は「5年に1度」は年単位であり、来年中に作成されれば法律を守ったことになるらしい。

  • 2018年11月05日

    機能とリスク負担からみた企業年金制度の比較

    改めて確定拠出型年金を確定給付型年金の機能を比較すると、老後の準備の面では大きな差はない。確定拠出型年金の勤続をコントロールする機能は弱いものの、運用リスクの負担の面では、新たな仕組みや工夫が普及し、2つの制度の違...

    臼杵 政治

  • 2018年09月05日

    企業型DCに求められる運営体制の強化

    6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードでは、基本原則2の「株主以外のステークホルダーとの適切な協働」において、「企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮」が原則の一つとして加えられた。

アクセスランキング

企業年金のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業年金のレポート Topへ