2023年08月16日

2023・2024年度経済見通し(23年8月)

経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎

文字サイズ

■要旨
 
<実質成長率:2023年度1.6%、2024年度1.4%を予想>
 
  1. 2023年4-6月期の実質GDPは、前期比1.5%(年率6.0%)の高成長となったが、輸入の大幅減少によって大きく押し上げられており、7-9月期はその反動でマイナス成長となる可能性が高い。
     
  2. 実質GDP成長率は2023年度が1.6%、2024年度が1.4%と予想する。輸出が景気の牽引役となることは当面期待できず、日本経済は内需中心の成長が続くことが見込まれる。
     
  3. 輸入物価の上昇を国内に価格転嫁する動きが広がる中、輸入デフレータ―が低下しているため、GDPデフレーターが大きく上昇し、名目GDPは実質GDPを上回る伸びが続いている。2023年度の名目GDP成長率は5.0%と32年ぶりの高さとなる公算が大きい。
     
  4. 消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合)は、足もとの3%台から2023年秋以降に2%台後半まで鈍化するが、日銀が物価目標としている2%を割り込むのは2024年度入り後となるだろう。輸入物価の大幅下落に伴い財価格の上昇率が鈍化する一方、賃上げ率が30年ぶりの高水準となったことを受けて、サービス価格の上昇率は一段と高まる可能性が高い。消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合)は、2023年度が2.8%、2024年度が1.6%と予想する。

 
実質GDP成長率の推移(年度)
■目次

1. 2023年4-6月期は前期比年率6.0%のプラス成長
  ・輸出が景気の牽引役となることは期待できず
  ・インバウンド需要が急回復
  ・春闘賃上げ率は30年ぶりの高水準
2. 実質成長率は2023年度1.6%、2024年度1.4%を予想
  ・国内需要中心の成長が続く
  ・家計貯蓄率は平常時の水準に近づく
  ・企業の中長期的な成長期待が徐々に高まる
  ・2023年度の名目GDP成長率は32年ぶりの高水準へ
  ・物価の見通し
Xでシェアする Facebookでシェアする

経済研究部   経済調査部長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【2023・2024年度経済見通し(23年8月)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2023・2024年度経済見通し(23年8月)のレポート Topへ