2023年07月14日

文字サイズ

■目次

1――台頭するオフィス再定義論への疑問
2――イノベーションの源となるアイデアの生成プロセス
  1|アイデアの生成プロセス経路の概要
  2|メインオフィスは多様な知の化学反応を加速する触媒役に
  3|組織スラックの要素がセレンディピティを引き寄せる
3――「フルパッケージ型」オフィスでアイデア生成プロセスを一気呵成に回し切れ!
4――行きたくなるオフィスは従業員によって異なる
  1|「働く環境の選択の自由」を与える視点からもフルパッケージ型オフィスは欠かせず
  2|従業員が愛着・誇りを持てる場でなければ企業文化も帰属意識も醸成できず
5――行きたくなるオフィスのリファレンスモデルとしての「クリエイティブオフィスの基本
 モデル」
  1|クリエイティブオフィスの基本モデルと行きたくなるオフィスの関連付け
  2|基本モデルに注入すべき「魂」はワークスタイル変革と経営理念
  3|行きたくなるオフィスの構築・運用にいち早く取り組んできた米国の巨大ハイテク企業
6――おわりに


※ 本稿は2023年3月30日発行「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
Xでシェアする Facebookでシェアする

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、イノベーション、企業不動産(CRE)、AI・IOT、スマートシティ、CSR・ESG経営

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【行きたくなるオフィス再考-「フルパッケージ型」オフィスのすすめ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

行きたくなるオフィス再考-「フルパッケージ型」オフィスのすすめのレポート Topへ