2020年03月31日

働き方改革 CRE(企業不動産戦略) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • アベノミクスの成長戦略として打ち出された、「健康経営」*と「働き方改革」の本質は、従業員の働きがい・快適性・幸福感を向上させることを通じて、「従業員の生産性向上」を図ることにある。生産性向上に向けて従業員を積極的にサポートすることは、経営トップの責務と捉えるべきである。
     
  • 経営トップは、イノベーション創出につなげていくための創造的なオフィスづくり、すなわち「クリエイティブオフィス」を健康経営や働き方改革の推進のドライバーに位置付けるべきである。
     
  • 米国でハイテク企業が多く集積するシリコンバレーやシアトルなどでは、企業間で人材の争奪戦が激しく繰り広げられており、企業は優秀な人材の確保・定着のために、必然的に働きやすい創造的なオフィス環境を整備・提供せざるを得ない。
     
  • 一方、クリエイティブオフィスの考え方を取り入れ実践する日本企業は、未だごく一部の先進企業にとどまっている。従業員の健康・快適性を高め創造性を育み本格的なイノベーションを生み出せるような組織風土を醸成し、グローバル競争の土俵に立つためにも、創造的なオフィスづくりに着手することが求められる。
 
* 「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標。

■目次

1――「健康経営」と「働き方改革」は「生産性革命」のクルマの両輪
2――従業員の生産性向上に向けた抜本改革が求められる
3――クリエイティブオフィスを健康経営・働き方改革を推進するドライバーに位置付ける
4――従業員の健康に配慮したオフィスづくりが急務に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61_ext_01_0.jpg

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、産業立地、地域クラスター、イノベーション、企業不動産(CRE)、環境経営・CSR

アクセスランキング

レポート紹介

【健康に配慮するオフィス戦略-クリエイティブオフィスのすすめ-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康に配慮するオフィス戦略-クリエイティブオフィスのすすめ-のレポート Topへ