2023年05月02日

401(k)プラン内への個人年金の組入れ促進を図る米国生保業界-セキュアアクト2.0と米国生保業界-

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 松岡 博司

文字サイズ

■要旨

米国で2022年12月29日に成立したSECURE ACT 2.0(セキュアアクト2.0)は、2020年に制定されたSECURE ACT1.0を踏襲し、進展させたもので、401(k)プラン、IRA(個人退職口座)その他の退職貯蓄手段に関する92の条項で構成されている。

セキュアアクトは、退職資産の蓄積段階とともに、退職資産からの給付引出し段階にも光を当てており、老後の生活を支えていくための、生きている限り支払われる生涯所得(ライフタイム・インカム)の保証にも言及している。

こうした中、唯一の終身支払いを保証できる機関である生保会社は、401(k)プラン等の確定拠出制度の中に年金商品を組み込むインプランアニュイティの普及を期待して意気軒昂である。

■目次

はじめに
1――セキュアアクト1.0およびセキュアアクト2.0の概要
2――401(k)プラン内の年金商品(インプランアニュイティ)
  (1)セキュアアクト1.0は、雇用主の受託者要件を明確化した
  (2)セキュアアクト2.0は、プラン内に組み込める適格長寿年金契約(QLAC)の
     保険料上限を拡大した
3――401(k)プラン等のインプランアニュイティ普及に期待する米国生保業界
さいごに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【401(k)プラン内への個人年金の組入れ促進を図る米国生保業界-セキュアアクト2.0と米国生保業界-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

401(k)プラン内への個人年金の組入れ促進を図る米国生保業界-セキュアアクト2.0と米国生保業界-のレポート Topへ