2022年12月09日

米国経済の見通し-23年初からのマイルドな景気後退を予想

経済研究部 主任研究員 窪谷 浩

文字サイズ

■要旨
 
  1. 米国の22年7-9月期の実質GDP成長率(前期比年率)は+2.9%(前期:▲0.6%)と3期ぶりのプラス成長。もっとも、外需が成長率を+2.9%ポイント押し上げたことが大きく、民間国内最終需要が2期連続で前期比年率+0.5%に留まるなど、金融引締めに伴う民間需要の低下が鮮明。
     
  2. FRBはインフレ抑制のために22年3月に政策金利の引上げを開始し、11月までに3.75%ポイントと90年以降最も早いペースで引上げたほか、6月に量的引締めを開始。これらの結果、金融環境は大幅に引締まっており、今後も実体経済を減速させる見込み。
     
  3. インフレや金融政策動向が見通し難い中、米国経済の見通しは非常に不透明。当研究所は見通し前提としてインフレ率が24年末にかけて緩やかに低下、FRBは23年3月以降、政策金利を5%で据え置き、利下げに転じる時期を24年1-3月期とした。この前提の下、成長率(前年比)は22年に+1.9%となった後、23年初からマイルドな景気後退に陥り、通年の成長率は+0.3%に留まろう。24年は景気回復に転じるものの、+1.5%と潜在成長率(1%台後半)を下回る伸びを予想。
     
  4. 金融政策は22年12月に政策金利を0.5%引上げた後、23年2月と3月にそれぞれ0.25%引上げると予想。量的引締め政策は、23年内は現在の残高縮小ペースを維持。
     
  5. 上記見通しに対するリスクはインフレ高進による政策金利の上振れと米国内政治が挙げられる。与野党の対立から政治が機能不全となる場合に経済にネガティブとなろう。

 
(図表1)米国の実質GDP成長率(寄与度)
■目次

1.経済概況・見通し
  (経済概況)7‐9月期の成長率は3期ぶりにプラス成長、外需が成長を大幅に押上げ
  (経済見通し)成長率は22年が前年比+1.9%、23年は+0.3%、24年が+1.5%を予想
2.実体経済の動向
  (労働市場、個人消費)労働市場の減速ペースは緩慢
  (設備投資)需要低下や金融環境の引締まりから23年入り後にマイナス成長へ
  (住宅投資)住宅ローン金利の上昇から23年にかけて住宅需要の低下は継続
  (政府支出)ねじれ議会でバイデン政権が目指す政策の実現は困難
  (貿易)海外との成長率格差から23年以降、外需の成長率寄与度は小幅なプラスが継続
3.物価・金融政策・長期金利の動向
  (物価)消費者物価(前年同月比)の総合指数は既にピークアウト、24年末に向けて緩やかに
      低下
  (金融政策)政策金利は22年末が4.50%、23年末が5.0%、24年末が3.5%を予想
  (長期金利)22年10-12月期平均が3.8%、23年が同3.6%、24年が同2.9%への低下を予想
Xでシェアする Facebookでシェアする

経済研究部   主任研究員

窪谷 浩 (くぼたに ひろし)

研究・専門分野
米国経済

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【米国経済の見通し-23年初からのマイルドな景気後退を予想】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済の見通し-23年初からのマイルドな景気後退を予想のレポート Topへ