金融・為替

年で絞り込む

2017年07月24日

日本の周回遅れ感が際立ち、円安をサポート~マーケット・カルテ8月号

ドル円相場は方向感の定まらない展開が続いている。今月上旬は、日米金融政策の方向性の違いが意識されるなか、米経済指標の改善を受けて114円台まで円安ドル高が...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年07月21日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響

通貨スワップとは、米ドルや円といった異なる通貨のキャッシュフローを交換する取引のことである。通貨スワップは1年以上の比較的長期で取り組まれることが通例であ...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2017年07月20日

マイナス金利政策による市場変化と成長-巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか

日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合において、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入を決定し、即日、公表した。金融機関等が日本銀行に有してい...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2017年07月13日

資本主義で容認される価格統制-政策目的の市場介入は、違法な相場操縦と何が異なるのか

56167_ext_03_0_S.jpg

輸出入の量をコントロールするなどの目的から、人為的に市場に介入し為替レートを適切と考えられる水準に導くことは、“為替介入“として先進国の間では嫌われ、時に...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2017年07月11日

貸出・マネタリー統計(17年6月)~行き場を無くしたマネーが普通預金に積み上がる

7月10日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、6月の銀行貸出(平均残高)の前年比伸び率は3.34%と前月(同3.30%)からわずかに上昇した。これ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年07月07日

日銀は物価目標の位置付けを再考すべき~金融市場の動き(7月号)

日銀の大規模緩和継続にもかかわらず、物価上昇率は目標とする2%とは程遠い状況にある。異次元緩和開始以降、4年余りが経過したが、この間明らかになったことは、...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年07月04日

最近の人民元と今後の展開(2017年7月号)~「基準値設定方法変更」報道後の動きは?

6月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、6月末は前月末比0.6%上昇の1米ドル=6.7825元で取引を終えた。...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年07月03日

人材投資、人づくり革命~政権基盤の回復が図れるか

56082_ext_03_0_S.jpg

各種世論調査で安倍政権の支持率が低下している。また7月2日の都議選でも自民党は歴史的な大敗を喫し、政権基盤の回復が急務となっている。今後、内閣改造・党役員...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次
経済研究部

2017年07月03日

日銀短観(6月調査)~景況感は幅広く改善、先行きは慎重さが残る

日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が17と前回3月調査比で5ポイント上昇し、3四半期連続で景況感の改善が示された。大企業非製...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月28日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーション

56046_ext_03_0_S.jpg

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2017年06月27日

資金循環統計(17年1-3月期)~個人金融資産は、前年比48兆円増加の1809兆円に、企業の現預金残高は過去最高を更新

2017年3月末(2016年度末)の個人金融資産残高は、前年比48兆円増(2.7%増)の1809兆円となった。残高は過去最高を記録した昨年12月末(181...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月22日

それでも緩やかな円安を予想するワケ~マーケット・カルテ7月号

ドルの上値が重い状況が続いている。FRBは6月半ばのFOMCにおいて利上げを実施するとともに、今後の金融引き締めにも前向きな姿勢を示したが、市場の反応は鈍...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月20日

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15と予想

6月調査短観では、大企業製造業で3四半期連続の景況感改善が示されると予想する。大企業非製造業の景況感も2四半期連続で改善すると見ている。前回3月調査以降の...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月15日

日銀資産500兆円超え~出口の損失シミュレーションを前提に対応議論を開始すべき

55968_ext_03_0_S.jpg

日銀の資産は、量的・質的金融緩和を導入して以降3倍に膨らみ、先月末に初めて500兆円に達した。資産の膨張に不安の声も強まっており、国会でも出口戦略に関する...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次
経済研究部

2017年06月09日

貸出・マネタリー統計(17年5月)~不動産向け貸出は過去最高を更新

6月8日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、5月の銀行貸出(平均残高)の前年比伸び率は3.3%と前月(前年比3.0%)から大きく上昇した。これは2...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月05日

株式市場展望~日本株が上昇基調を取り戻すカギ

16 年度の上場企業のROE は3年ぶりに改善し、17 年度もさらに改善が期待できそうだ。欧米政治や地政学リスクなど先行き不透明な中、これらのリスク・イベントを...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2017年06月02日

「予期せぬ原油高でドル高」というシナリオも~金融市場の動き(6月号)

本日、日経平均株価は2万円の節目を突破したが、ドル円レートは未だ111円台で低迷している。その背景にあるのが米長期金利の低迷であり、トランプ政権への過度の...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

2017年06月02日

最近の人民元と今後の展開(2017年6月号)~トランプ氏退陣は元安要因、基準値設定方法変更は元高要因

5月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、5月末は前月末比1.0%上昇の1米ドル=6.8261元で取引を終えた。...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年05月25日

中国経済見通し~景気の好調は今後も続くのか?

中国では経済成長率が加速してきた。4月17日に中国国家統計局が公表した17年1-3月期の実質成長率は前年同期比6.9%増と2四半期連続で上昇、3月開催の全...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年05月23日

米経済の真価が問われる~マーケット・カルテ6月号

5月入り後のドル円相場は、欧州政治リスクの後退や米国の6月利上げ観測から一旦ドル高に振れた後、トランプ政権のロシアとの不透明な関係を巡る疑惑(ロシアゲート...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志
経済研究部

レポート

アクセスランキング

金融・為替のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る