2014年12月03日

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

ユーロ圏のインフレ率はユーロ高が修正された後も低位での推移が続く。景気回復のペースが上がらず、大幅なGDPギャップが解消しないためだ。国債買い入れによる量的緩和への期待は高いが制約も強い。金融緩和と構造改革、財政政策の歯車を噛み合わせることが重要だ。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?のレポート Topへ