2012年07月02日

高年齢者雇用安定法改正案と今後の課題

生活研究部 主任研究員   松浦 民恵

文字サイズ

高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)の改正案が国会で審議されている(2012年6月1日現在)。法改正の背景には、雇用の終了と年金支給を接続させようとする狙いがある。本稿では、雇用と年金の接続に関するこれまでの経緯を概観したうえで、高年齢者雇用安定法が改正された場合の影響や今後の課題について考察する。

38_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

松浦 民恵 (まつうら たみえ)

研究・専門分野
雇用・就労・勤労者生活、少子高齢社会

レポート

アクセスランキング

【高年齢者雇用安定法改正案と今後の課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高年齢者雇用安定法改正案と今後の課題のレポート Topへ