2007年03月01日

時価総額加重インデックスの問題点と新しい株式インデックス

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

米国で新たに提案されたインデックスの構築方法を日本株に適用したところ、過去の検証では、TOPIXよりもリスク・リターン効率が大幅に改善した。株式運用ベンチマークとしてTOPIXへの一極集中が指摘されている中、ベンチマーク見直しの契機となるかもしれない。

このレポートの関連カテゴリ

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【時価総額加重インデックスの問題点と新しい株式インデックス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

時価総額加重インデックスの問題点と新しい株式インデックスのレポート Topへ