2004年12月24日

景気は回復持続と後退局面入りの岐路に

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<景気は回復持続と後退局面入りの岐路に~自然災害も生産低迷の一因>

  1. 10月の景気動向指数の一致指数は3ヵ月連続で50%割れとなり、日銀短観12月調査では大企業・製造業の業況判断DIが7期ぶりに悪化した。景気は回復を持続しているか、すでに後退局面に入っているか、微妙な局面にある。
  2. 現時点で、景気動向指数の一致系列の過半数が6月までにピークアウトしている可能性がある。また、景気との連動性が非常に高い鉱工業生産の直近のピークは5月であり、10月の指数はこれよりも3%近く低い水準にある。
  3. ただし、今年は夏から秋にかけて相次ぐ台風の上陸や新潟県中越地震による被害のために、企業の生産活動が大きく下押しされている可能性がある。
  4. 11月以降は、自然災害の影響はほぼなくなっているため、生産は反動で大きく伸びることも期待できる。逆に、反動増が小さければ生産がすでに実勢として弱まっていたということで、景気はすでに後退局面入りしているということになる。
  5. 今後数ヵ月の生産の動きで、景気回復基調が維持されているか、すでに後退局面に入っているかの結論が出ることになろう。
36495_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【景気は回復持続と後退局面入りの岐路に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

景気は回復持続と後退局面入りの岐路にのレポート Topへ