2000年10月13日

ニッセイフラッシュ・NBIは景気回復局面続行を示唆

  日向 雄士

文字サイズ

<ニッセイフラッシュ・NBI>

  • 9月のニッセイフラッシュは前月比マイナス1.2%の減少となるが、7-9月期は前期比1.0%とプラス成長を持続する見込み。9月のNBIは26.9%となり、99年夏場以降のプラス状況(景気回復局面)が続く。
  • ニッセイフラッシュ・NBIの双方から、景気回復が続いていると判断される。

<今週の焦点:企業の設備投資>

  • 設備投資主導の景気回復が続いているが、売上げの回復が緩やかなものに止まっているため、依然として総資本回転率は低迷している。回転率の上昇がない状態では設備投資の持続性にも限界がある。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【ニッセイフラッシュ・NBIは景気回復局面続行を示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイフラッシュ・NBIは景気回復局面続行を示唆のレポート Topへ