医療

健康増進に対する人々の期待の高まり、高齢化とともに急ピッチで増加する医療費、画期的な抗がん剤等の新たな医療技術の開発など、医療に関して多くのトピックが目白押しです。この「医療」の一覧では、人々の健康を高める持続可能な医療の推進に関する政策や諸課題を分析し、レポートします。

年で絞り込む

2015年12月21日

介護施設の拡充は進むか-待機高齢者を減らすには、何が有効か?

日本では、1947~49年生まれの団塊の世代が全て前期高齢者となり、高齢化が進んでいる。これに伴い、特別養護老人ホーム(特養)など、介護施設への入居を希望...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年12月04日

日韓比較(11):医療保険制度-その4 医薬分業―患者がより利用しやすい仕組みになることを願う―

医薬分業とは医院や病院などの医療機関が自院で薬を出さないで患者に処方箋を出し、患者はその処方箋を保険薬局へ持って行って、処方箋と引き替えに医師の処方した保...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年11月24日

病院の待ち時間の状況-紹介状の義務化は、大病院の待ち時間を短縮できるか?

日本では、患者がどの病院でも自由に診療を受けることができる。これは、フリーアクセスと言われ、日本の医療システムの大きな特徴となっている。近年、高齢化が進む...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年11月10日

混合診療への保険会社の対応-先進医療特約と自由診療保険

わが国の公的医療保険制度については、保険診療による全国民一律の医療サービス提供が原則とされてきた。一方、保険診療導入前の新技術である医療を受けるケースでは...

続きを読む

小林 雅史
2015年11月10日

「健康づくり事業」や医療提供体制構築における自治体の役割

健康づくりや医療介護提供において、自治体が担うべき役割が大きくなっている。特に、市町村は、医療介護提供以外に、従来から母子保健事業、老人保健事業を提供して...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2015年11月04日

医療コミュニケーションの重要性-患者と医師の2つの疑心暗鬼をどのように取り除くか?

日本では、医療技術や医薬品の効能は日進月歩で高まっており、医療の質の向上が図られている。しかし、このことは、医療の施術や医薬品の服用を1つ間違えると、重大...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年10月13日

特定健診・保健指導の実施状況-実施率向上のためには何が有効か?

日本では、予防医療の一環として2008年度に、特定健康診査と特定保健指導(特定健診等)が始められた。開始当初は、判定基準や有効性などについて、様々な議論が...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年10月06日

日韓比較(8):医療保険制度-その3 自己負担割合―国の財政健全性を優先すべきなのか、家計の経済的負担を最小化すべきなのか―

今回は、診療時の自己負担割合について説明したい。日本における自己負担割合は年齢によって異なり、6歳(義務教育就学前)までの被保険者は2割が、6歳(義務教育...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年10月05日

日韓比較(7):医療保険制度-その2 保険料率―固定資産に対して異なる政策を実施している日韓の医療保険制度―

今回は日韓における公的医療保険の保険料率について比較してみたい。まず、日本における雇用者の保険料率は、標準報酬月額に対して協会けんぽが10%(労使折半、2...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年09月29日

国民健康保険の保険料設定-保険者ごとの保険料格差を縮小するには、どうしたらよいか?

2015年5月に成立した医療保険制度改革法では、財政基盤の強化を図るために、国民健康保険(国保)の運営主体が、2018年度に市町村から都道府県に移されるこ...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年09月01日

老衰の増加にどう向き合うべきか-老衰にも、インフォームド・コンセントは必要ではないか?

日本では高齢化に伴い、肺炎や老衰など高齢者に多い死因による死亡者数が増加している。本稿では、老衰の増加に焦点を当てて、現状とその背景を概観する。併せて、今...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年08月03日

医薬品・医療機器の現状(後編)-患者の残薬問題解消のために、かかりつけ薬局は何をすべきか?

前稿では、医薬品・医療機器について概要を俯瞰するとともに、新薬の開発に向けた動きについて紹介した。本稿では、「医薬品・医療機器の現状」の後編として、医薬分...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年07月29日

日韓比較(4):医療保険制度-その1 公的医療保険制度の体系―日本は複数、韓国は単一保険者方式―

日本と韓国の医療保険制度は、同じく社会保険方式であるが、両国の経済・政治・社会的な特徴等によって、異なる形態で発展してきた。特に、両国における人口構造の時...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年07月28日

医薬品・医療機器の現状(前編)-後発薬 (ジェネリック医薬品) への切り替えは、医療費削減の切り札となるのか?

少子高齢化と財政赤字の拡大が進む中で、医療費・介護費を抑制することと、医療・介護サービスを効率的に充実させることが、社会保障改革の大きな柱となっている。経...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年07月22日

健康・医療関連データ利用の動向~長期データ蓄積の工夫と柔軟な発想による分析

近年、健康・医療関連データの分析が活発に行われている。健康・医療関連データとしては、一般に電子カルテやレセプトデータ、健康診断の結果、ウエアラブルデバイス...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2015年04月30日

介護ロボット開発・普及の現在位置と今後への視点-“ロボット介護”の開発と新たな開発・普及サイクルの構築-

2015年度も経済産業省や厚生労働省のロボット介護機器(介護ロボット)の開発支援事業や実用化支援事業等が継続して実施される。さらに、政府による多様なロボッ...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2015年04月08日

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に関する調査研究事業 報告書 (平成26年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業)

目次事業概要1. 事業目的2. 事業内容II 講師養成のための伝達講習会1. 伝達講習会カリキュラム等2. 使用した教材(研修テキストより抜粋)III 対応力向上研修...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2015年03月16日

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?

前稿では、医療・介護を取り巻く環境の変化について紹介した。少子高齢化等や、それに伴う世帯の変化は、医療・介護の両方の面に、大きな影響を及ぼしており、医療・...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年03月10日

医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか?

医療や介護は、自分や家族にとって身近なものである。しかし、新聞や雑誌等で取り上げられる医療・介護問題は、聞きなれない用語が並び、細部の制度見直しの話や、兆...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2015年02月10日

がん罹患者の医療費自己負担額~レセプトによる高額療養費制度を考慮した自己負担額の推移

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によれば、ケガや病気に対しておよそ9割の人が不安を感じている。不安を感じる内容を見ると、もっとも高いのが「長...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

医療のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療のレポート Topへ