2023年01月31日

2022年10-12月期の実質GDP~前期比0.3%(年率1.0%)を予測~

経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎

文字サイズ

■要旨
 
  1. 2/14に内閣府から公表される2022年10-12月期の実質GDPは、前期比0.3%(前期比年率1.0%)と2四半期ぶりのプラス成長になったと推計される。
     
  2. 民間消費が前期比0.3%と堅調を維持する一方、設備投資(前期比▲0.2%)、住宅投資(同▲1.5%)が減少したことなどから、国内需要は5四半期ぶりに減少したが、外需寄与度が前期比0.3%(年率1.3%)と成長率を押し上げた。
     
  3. 交易利得(損失)は、2021年1-3月期から減少が続いてきたが、原油安や円高に伴う輸入デフレーターの低下によって、2022年10-12月期は前期差1.7兆円と8四半期ぶりの増加となるだろう。
     
  4. 2022年10-12月期の実質GDPは、コロナ前(2019年10-12月期)の水準を1.2%上回るが、消費税率引き上げ前のピーク(2019年7-9月期)を▲1.5%下回ることが見込まれる。経済の正常化にはまだかなりの距離がある。
     
  5. 2023年1-3月期は、民間消費、設備投資などの国内需要は底堅い動きが続く一方、欧米を中心とした海外経済の減速を主因として輸出が減少に転じることから、現時点では年率ゼロ%台の低成長を予想している。

 
実質GDP成長率の推移
■目次

● 10-12月期は年率1.0%を予測~2四半期ぶりのプラス成長
● 主な需要項目の動向
  ・民間消費~物価高や感染拡大の逆風下でも底堅さを維持~
  ・住宅投資~資材価格の高騰が下押し要因に~
  ・民間設備投資~高水準の企業収益を背景に底堅さを維持~
  ・公的固定資本形成~ほぼ横ばいの動き~
  ・外需~2四半期ぶりのプラス~
Xでシェアする Facebookでシェアする

経済研究部   経済調査部長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【2022年10-12月期の実質GDP~前期比0.3%(年率1.0%)を予測~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2022年10-12月期の実質GDP~前期比0.3%(年率1.0%)を予測~のレポート Topへ