2022年06月30日

コロナ禍を契機に伸び始めた米国の個人生命保険販売-2021年は過去30年超で最大の新契約増加率-生命保険契約税制の変更も促進要因

保険研究部 主任研究員   有村 寛

米国 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国における生保・年金のマーケティングに関する代表的な調査・教育機関であるLIMRAは、今年3月に米国の個人向け生命保険商品(主に死亡保障、貯蓄等を主目的とする保険。医療保険、介護保険等を含まない)の2021年販売実績に関する調査結果を発表しており、2021年の新規契約の収入保険料(以下、「新契約保険料」とする。)は、対前年度20%増加、1983年以来の高い伸びであったとされている 。

ここでは、上記調査結果について、概要を紹介したい。なお、同調査の米国生保市場のカバー率は、新契約保険料で85%、新契約高で90%、新契約件数で60%である。

■目次

1――はじめに
2――2021年販売業績の概況
3――商品別販売状況
  1|商品別構成比の状況
  2|商品種類別の販売増勢
4――販売チャネル別の販売状況
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員

有村 寛 (ありむら ひろし)

研究・専門分野
保険商品・制度

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍を契機に伸び始めた米国の個人生命保険販売-2021年は過去30年超で最大の新契約増加率-生命保険契約税制の変更も促進要因】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍を契機に伸び始めた米国の個人生命保険販売-2021年は過去30年超で最大の新契約増加率-生命保険契約税制の変更も促進要因のレポート Topへ