2021年09月28日

新興諸国 高齢化の急進展により退職後の生活レベル維持が課題-退職後の生活資金の不足額等の試算

保険研究部 主任研究員   有村 寛

アジア・新興国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

スイス再保険は、2021年6月29日付の機関誌シグマ“Emerging markets: the drive for sustainable retirements in an ageing world”において、新興諸国は高齢化が急速に進行しており、それに伴い発生する、退職後の生活資金の不足の発生を始めとする諸課題について指摘するとともに、退職後の生活レベル維持のための不足額について試算している。

ここでは、その概要について紹介したい。

■目次

1――はじめに
2――急速な高齢化が進む新興諸国
3――高齢化に伴う諸課題
  1|不足する退職後の生活資金
  2|不十分な死亡リスク、健康リスクへの備え
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員

有村 寛 (ありむら ひろし)

研究・専門分野
保険商品・制度

アクセスランキング

レポート紹介

【新興諸国 高齢化の急進展により退職後の生活レベル維持が課題-退職後の生活資金の不足額等の試算】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新興諸国 高齢化の急進展により退職後の生活レベル維持が課題-退職後の生活資金の不足額等の試算のレポート Topへ