2021年07月20日

2021年以降の世界保険市場見通し-今後10年間はアジア新興諸国が牽引

保険研究部 主任研究員   有村 寛

米国 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ドイツ最大の保険グループであるアリアンツは、2021年5月12日付で、世界の保険市場について、2020年の状況を振り返るとともに、2021年以降の見通しについてのレポートを公表した。そこでは、2021年度の世界の保険市場は、米国ならびに中国が牽引して、保険料収入ベースで約5%の成長を遂げるとともに、今後10年間で見ても、収入保険料は、年平均5%以上のペースで成長し、アジアの世界市場に占める割合がますます高まることが予想されている。

ここではその概要について紹介したい。

■目次

1――はじめに
2――2020年の世界保険市場の状況
3――2021年以降の状況(今後の市場見通し)
  1|2021年見通し
  2|2021年以降10年間の見通し
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員

有村 寛 (ありむら ひろし)

研究・専門分野
保険商品・制度

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年以降の世界保険市場見通し-今後10年間はアジア新興諸国が牽引】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年以降の世界保険市場見通し-今後10年間はアジア新興諸国が牽引のレポート Topへ