2021年08月10日

森林火災リスクの高まり-火災のモデル設計をどう進めるか

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

ESG 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

森林火災の被害が世界中で多発している。2021年には、これまでにアメリカ、カナダ、ロシア、トルコ、ギリシャなどで大規模な森林火災が発生している。こうした火災は、近年、毎年のように発生している。その背景には、気候変動に伴う地球温暖化の影響があるとみられている。森林火災の多発は、損保の火災保険等で、給付支払いの増大につながる。本稿では、森林火災の状況と保険への影響についてみていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――森林火災とその影響
3――森林火災の発生要因
  1|WUIでの開発が森林火災多発の要因とみられている
  2|WUI以外の要因にも注意が必要
4――森林火災への対策
  1|防火計画は、火災危険区域の詳細なマップ作成がカギ
  2|森林火災のモデル設計基準は未確立
  3|森林火災のモデル設計にはさまざまな困難が伴う
  4|火災の多発がモデル設計を促進する可能性も
5――立法措置と保険会社の対応
6――おわりに (私見)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【森林火災リスクの高まり-火災のモデル設計をどう進めるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

森林火災リスクの高まり-火災のモデル設計をどう進めるかのレポート Topへ