2018年09月12日

気候変動と死亡率-地球温暖化はどのように死亡率に影響するか?

保険研究部 上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

地球温暖化をはじめとしたグローバルな気候変動に、注目が高まっている。国際アクチュアリー会(IAA)は、環境・資源問題に関する作業部会を設けて、気候変動の動向や、保険への影響などを研究している。同部会は2017年に、「気候変動と死亡率」と題するディスカッションペーパー(以下「ペーパー」)を公表した。アクチュアリーをはじめ、広く有識者の意見を募り、議論を深めようとしている。

本稿では、このペーパーをもとに、気候変動が人の死亡率に及ぼす影響をみていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――死亡率の上昇要因
  1|旱魃や飢饉の発生に伴って死亡率が上昇する
  2|厳しい気象条件の増加が死亡率の上昇を招く
  3|自然災害の増加が死亡率上昇を引き起こす可能性もある
  4|海洋沿岸地域では、洪水や海水面上昇が死亡率上昇に影響する懸念もある
  5|特定疾患の患者が増えて、死亡率が上昇する
  6|貧困と格差が死亡率の上昇につながる恐れもある
  7|大気汚染が死亡率上昇の要因となる
3――死亡率の低下要因
  1|冬季の温暖化により、死亡率が低下する
  2|温暖な気温に伴って特定地域で農業生産が伸び、死亡率の低下の要因となる
  3|二酸化炭素肥沃効果が死亡率低下につながる可能性がある
  4|地球温暖化への適応措置が奏功して死亡率低下につながることも考えられる
  5|さまざまな緩和効果が死亡率低下を呼ぶことが考えられる
4――生命保険加入者や年金受給者に与える影響
  1|さまざまな要因が、被保険者や年金受給者の死亡率に影響する
  2|死亡率の影響を超えた検討も必要
  3|アクチュアリーには気候変動による死亡率への影響分析が求められている
5――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【気候変動と死亡率-地球温暖化はどのように死亡率に影響するか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

気候変動と死亡率-地球温暖化はどのように死亡率に影響するか?のレポート Topへ