2020年12月03日

インド経済の見通し~封鎖解除による経済正常化が続くも、不十分な政府支援と金融緩和の遅れにより回復ペースは緩やかに。(2020年度▲8.3%、2021年度+9.1%)

経済研究部 准主任研究員   斉藤 誠

このレポートの関連カテゴリ

アジア・新興国 アジア経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • インド経済は7-9月期の成長率が前年同期比▲7.5%(4-6月期:同▲23.9%)となった。
     
  • 7-9月期はインド政府が3月に実施した全土封鎖の段階的な緩和による経済活動の再開を反映して実質GDPが大幅に改善したものの、2期連続のマイナス成長となり、景気後退局面に入った。
     
  • 先行きのインド経済は封鎖解除による経済正常化の動きが続くものの、不十分な財政政策や金融緩和の遅れ、輸出悪化などが響いて回復ペースは緩やかなものとなるだろう。2020年度の成長率は▲8.3%となり、過去最大の落ち込みを予想する。21年度は前年度のGDPが低水準だったことによる反動増やワクチン接種プログラムの開始による経済正常化の進展などから成長率が+9.1%まで上昇すると予想する。


■目次

・経済概況:2四半期連続のマイナス成長、初の景気後退局面入り
・経済見通し:景気持ち直しが続くも、不十分な財政政策により回復ペースは緩やか
・(物価の動向)農業生産の回復で食品インフレは沈静化へ
・(金融政策の動向)21年前半に追加利下げを実施
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   准主任研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
アジア・新興国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【インド経済の見通し~封鎖解除による経済正常化が続くも、不十分な政府支援と金融緩和の遅れにより回復ペースは緩やかに。(2020年度▲8.3%、2021年度+9.1%)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド経済の見通し~封鎖解除による経済正常化が続くも、不十分な政府支援と金融緩和の遅れにより回復ペースは緩やかに。(2020年度▲8.3%、2021年度+9.1%)のレポート Topへ