2020年09月23日

二次医療圏思考 (2020)-比較を通じて、二次医療圏に馴染んでみよう!

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

自分の「二次医療圏」について、どれくらい知っているだろうか?

医療計画は、二次医療圏を中心に立案される。たとえば、医師や看護師の数や病床数などが計画される。本稿では、比較を通じて、二次医療圏への理解を高め、各地域の医療の姿を眺めていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――二次医療圏の再編
3――二次医療圏の比較
  1|人口最多の医療圏と最少の医療圏では、180倍以上の違いがある
  2|医師や歯科医師は、都市部に集中している
  3|病院の充実度は、最多地域と最少地域で約10倍の違いが生じている
  4|病床は、九州地方や北海道、中国・四国地方に充実している地域がある
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

アクセスランキング

レポート紹介

【二次医療圏思考 (2020)-比較を通じて、二次医療圏に馴染んでみよう!】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

二次医療圏思考 (2020)-比較を通じて、二次医療圏に馴染んでみよう!のレポート Topへ