2019年05月24日

二次医療圏思考-自分の二次医療圏を知っていますか? 

保険研究部 上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「二次医療圏」という言葉を、聞いたことはあるだろうか? 聞いたことはあっても、実際に、自分の住む場所がなんという二次医療圏に入るか、知っているだろうか?

日本では、1985年より医療計画が立案・実施されている。現在は、第7次医療計画(2018~2023年度)の途中だ。医療計画では、医療圏が設定されて医療圏ごとに計画が立てられる。本稿では、二次医療圏の比較を通じて、二次医療圏への理解を高め、地域医療の姿を眺めることとしたい。

■目次

1――はじめに
2――医療圏
  1|二次医療圏は一般的な保健医療を提供する区域
  2|全国に344の二次医療圏が設定されている
  3|91の二次医療圏が見直し基準に該当している
3――二次医療圏の比較
  1|人口最多の医療圏と最少の医療圏では、100倍以上の人口格差がある
  2|医師や歯科医師は、都市部に集中している
  3|病院数のランキングの上位には九州、四国地方や北海道の諸地域が入っている
  4|入院患者の流入割合は都市部で高く、流出割合は山間部や島しょで高い
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【二次医療圏思考-自分の二次医療圏を知っていますか? 】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

二次医療圏思考-自分の二次医療圏を知っていますか? のレポート Topへ