2020年08月17日

データで確認する新型コロナ感染拡大の背景-グローバル化と都市化がもたらした感染拡大

金融研究部 主任研究員 佐久間 誠

文字サイズ

■要旨
 
  • 新型コロナウイルスの世界的かつ急速な感染拡大をもたらしたのは、(1) 中国を中心としたアジアの国際観光客の増加、ならびに(2)産業構造の変化などに伴う都市化である。
     
  • グローバル化や都市化といった長期トレンドの転換を予想するニューノーマルについては、特に慎重に見極める必要がある。これらの長期トレンドが早期に逆回転することがなければ、今後、感染症のパンデミックが数年または10年といったサイクルで定期的に繰り返し発生する可能性がある。

■目次

1――はじめに
2――ヒトのネットワークのグローバル化がもたらした国際間の感染拡大
3――ヒトのネットワークにおける都市化がもたらした国内の感染拡大
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融市場、不動産テック

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【データで確認する新型コロナ感染拡大の背景-グローバル化と都市化がもたらした感染拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

データで確認する新型コロナ感染拡大の背景-グローバル化と都市化がもたらした感染拡大のレポート Topへ