2020年08月04日

新型コロナによるデジタル化がもたらしたオフィス市場の不確実性-不確実性の高まる世界において。不動産投資を再考する(4)

金融研究部 准主任研究員   佐久間 誠

新型コロナウイルス 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの拡大を受けて、オフィス市場においてデジタル化による不確実性が高まっている。
     
  • デジタル化は、オフィス市場に創造的破壊をもたらす可能性のある脅威でもあるが、それと同時に、オフィスをさらに進化させ、不動産業の在り方を再定義する機会でもある。
     
  • テレワークの拡大により、仕事のポータルとしての役割がオフィスからデジタル・プラットフォームに代わる可能性がある。
     
  • オフィスをデジタル技術によってスマート化することで、オフィスが仕事のプラットフォームとしての更なる進化を遂げれば、不動産業はサービス業として、また不動産会社はプラットフォーマーして自らの役割を再定義することができるのではないだろうか。

■目次

1――はじめに
2――新型コロナがオフィス市場にもたらしたデジタル化による不確実性
3――テレワーク拡大により代わる仕事のポータル
4――オフィスのスマート化がもたらす不動産業のサービス化
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27926_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融市場、不動産テック

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナによるデジタル化がもたらしたオフィス市場の不確実性-不確実性の高まる世界において。不動産投資を再考する(4)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナによるデジタル化がもたらしたオフィス市場の不確実性-不確実性の高まる世界において。不動産投資を再考する(4)のレポート Topへ