2023年11月01日

気候リスク保険のジェンダー配慮-マクロ、メソ、マイクロ -- 各レベルでカギとなる取り組みは...

保険研究部 主席研究員 兼 気候変動リサーチセンター チーフ気候変動アナリスト 兼 ヘルスケアリサーチセンター 主席研究員 篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

気候変動問題への注目が高まっている。地球温暖化が進み、ハリケーン、豪雨、海面水位上昇、山林火災、干ばつなど、様々な形で、極端な気象があらわれつつある。

気候変動の影響は、大規模な山林火災、干ばつによる水不足や作物被害、感染症の蔓延地域の拡大、島嶼国の水没などのリスク発現として生じている。

こうした影響は、男女平等に起こるわけではない。気候変動は、ジェンダー問題を増幅させるという。今回は、気候変動とジェンダー問題、その緩和のための保険について見ていくこととしよう。

■目次

1――はじめに
2――気候変動とジェンダー
  1|女性は気候変動に伴う自然災害の影響を受けやすい
  2|女性は社会で不利な立場に置かれている
  3|気候変動枠組条約締約国会議は、ジェンダーを気候変動対処のための重要な要素と
   位置づけ
  4|気候変動とジェンダー平等をテーマに、国連女性の地位委員会が開催された
  5|気候変動の影響とジェンダー格差を学んだ若齢者はまだ少数
3――気候リスク保険とジェンダー配慮の組み込み
  1|気候リスク保険が設立されている
  2|気候リスク保険は包括的保険
  3|気候リスク保険にはマクロ、メソ、マイクロのレベルがある
  4|マクロ、メソ、マイクロのレベルに応じたジェンダー配慮が必要
4――おわりに (私見)
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主席研究員 兼 気候変動リサーチセンター チーフ気候変動アナリスト 兼 ヘルスケアリサーチセンター 主席研究員

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品・計理、共済計理人・コンサルティング業務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【気候リスク保険のジェンダー配慮-マクロ、メソ、マイクロ -- 各レベルでカギとなる取り組みは...】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

気候リスク保険のジェンダー配慮-マクロ、メソ、マイクロ -- 各レベルでカギとなる取り組みは...のレポート Topへ