2022年02月17日

米国株式、2022年末に長期金利2.4%までなら耐えられる?

金融研究部 主任研究員 前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨
 
  • 米国株式は2022年に入って米長期金利の上昇などが嫌気され急落したが、引き続き割安感に乏しい水準にある。
     
  • 今後も米長期金利の上昇が見込まれるが2022年末までに2.4%までに収まる程度の上昇であれば、株価は足元の業績見通しを元に考えると横ばいを維持できる可能性が高いだろう。


■目次

1――米長期金利の上昇を嫌気して急落
2――急落してもまだ高い米国株式
3――長期金利2.4%くらいまでなら株価横ばいか
4――最後に
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【米国株式、2022年末に長期金利2.4%までなら耐えられる?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国株式、2022年末に長期金利2.4%までなら耐えられる?のレポート Topへ