2021年12月20日

ESGに対する企業の取り組み-企業の重要課題は社会の重要課題である

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室・ESG推進室兼任   高岡 和佳子

ESG 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

環境、社会、ガバナンスは、企業が持続的成長を遂げるために重要な要素である。たった3つの要素とはいえ、環境だけでも、気候変動、大気汚染、海洋資源、生物の多様性、排水や廃棄物など対応すべき項目は広範囲に及ぶ。環境、社会、ガバナンスに関連するすべての項目が企業の持続的成長に影響を及ぼすが、項目によって企業に及ぼす影響の程度には差がある。そこで、多くの企業が様々なESG項目の中から特に重要なESG項目を特定している。本稿では、重要なESG項目を特定するプロセスや主要な企業の重要なESG項目、更には脱炭素に社会に向けた企業の取り組みを確認する。

■目次

1――重要なESG項目には社会の意見が反映されている
2――主要企業の重要なESG項目とは
3――脱炭素社会に向けた企業の取り組み
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室・ESG推進室兼任

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

アクセスランキング

レポート紹介

【ESGに対する企業の取り組み-企業の重要課題は社会の重要課題である】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ESGに対する企業の取り組み-企業の重要課題は社会の重要課題であるのレポート Topへ