2021年10月25日

議決権行使とESG投資-パッシブファンドに期待されるESG経営促進の役割

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室・ESG推進室兼任   高岡 和佳子

このレポートの関連カテゴリ

ESG 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • ESG投資の多くには、ESGに優れた企業や事業への資金提供を増やし、ESGに課題がある企業や事業への資金提供を減らす効果がある。この効果によって、良質な資金へのアクセスを確保するために企業にESG経営に取り組む必要性が生じ、企業がESG経営に取り組むことで持続的成長を遂げると期待されている。
     
  • しかし、ESGに優れた企業への資金提供だけがESG投資ではない。あえてESGに課題がある企業に投資し、議決権など株主としての権利を行使して企業にESGの改善を求める「ESGアクティビスト(モノ言う株主)」もESG投資である。
     
  • 従前より投資家が「顧客・受益者」の中長期的な投資リターンの拡大を図る責任を果たすための活動(スチュワードシップ活動)とESGは密接な関係にあるが、2020年のスチュワードシップ・コード再改訂によって、スチュワードシップ活動におけるESG要素の重要性がより明確になった。
     
  • 2017年のスチュワードシップ・コード改訂では、パッシブ運用も中長期的視点に立った対話や議決権行使すべきであることが明文化された。つまり、2017年の改訂と2020年の再改訂によって、パッシブファンドにもESG要素等の考慮に基づく適切な議決権行使等を通じて、ESG経営を促進することが期待されていると言える。

■目次

1――ESGに優れた企業への資金提供だけがESG投資ではない
2――スチュワードシップ活動とESGは密接な関係にある
3――パッシブファンドに期待されるESG経営促進の役割
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室・ESG推進室兼任

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

アクセスランキング

レポート紹介

【議決権行使とESG投資-パッシブファンドに期待されるESG経営促進の役割】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

議決権行使とESG投資-パッシブファンドに期待されるESG経営促進の役割のレポート Topへ