2021年09月28日

アセットオーナーとESG投資~GPIFのESG活動報告を読む~

金融研究部 取締役 研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼 ESG推進室長   德島 勝幸

ESG 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本の年金運用において自家運用は限定的であり、ほとんどがアセットマネジャーに対する委託運用の形態で行われている。そのため、エンゲージメントの一部を除いて、アセットオーナーがESG投資に直接コミットする必要はないかのようにも見える。しかし、株式の運用のみならず、運用資産全体でESG要素を意識し、一気通貫したESG投資の体制を構築するには、アセットオーナーが投資方針等の形でESGを含めた哲学を示すことが重要である。そのためには、ESG指数を意識した運用の採用やSDGs債券への投資といった直接的なものだけでなく、スチュワードシップコードの受入れ、国連PRI原則への署名、あるいはTCFDへの賛同表明等、外形的にも明らかになる行動をとりつつ、具体的な年金運用の多くを行うアセットマネジャーとの連携が重要になって来る。

日本の年金運用においてESG投資を画期的に促進したのはGPIFによるPRI原則署名以降の流れであり、GPIFが毎年夏に公表する『ESG投資報告』は、追随する多くのアセットオーナーにとって極めて有効な参考になるだろう。体制の整備等を考えても、GPIFと同程度に取組むことは決して容易でないが、何をすべきかという観点からも有意義な示唆に富む。また、ESG投資の実践を担当するアセットマネジャー等にとっても、要求される水準を認識するため、重要な文書であることは言うまでもあるまい。

■目次

1――ESG推進に必須なアセットオーナーの取組み
2――GPIFによるESGへの取組み
3――GPIFによるESG活動報告
4――その他のアセットオーナーによESG投資への取組み
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   取締役 研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼 ESG推進室長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
債券・クレジット・ALM

アクセスランキング

レポート紹介

【アセットオーナーとESG投資~GPIFのESG活動報告を読む~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アセットオーナーとESG投資~GPIFのESG活動報告を読む~のレポート Topへ