2021年08月02日

株価の日米格差は縮小へ ワニの口は年内に閉じる

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

イデコ(iDeCo) 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

株価の日米格差が拡大している。日経平均株価は今年2月に一時3万円を回復した後、軟調な展開が続き7月末までに約10%下落した。一方、米国では主要株価指数が7月も最高値更新を繰り返し、NYダウは史上初となる3万5,000ドルを突破した。
 
だが、ワクチン接種の遅れなどを理由に“買い手不在”の日本株は、改善傾向が鮮明な企業業績と比べて割安な水準だ。一方、米国株は企業業績とギャップが生じた割高と言わざるを得ない。前例のない大規模な金融緩和が米国株のミニバブルを演出していることからも、今後は緩和縮小議論が高まるにつれて米国株の軟調な展開が想定される。
 
米国株が急落すれば一時的に日本株も下落を余儀なくされるが、年末までのスパンで考えると日本国内のワクチン接種率の上昇に伴い日本株の出遅れが目立ち、米国株からの退避先としても日本株市場に投資マネーが流入しやすくなるだろう。結果、今春以降に開いたワニの口が閉じる公算が大きい。
 
◆ポイント
  1. 経済回復力、ワクチン接種の遅れで日本株は軟調な展開
  2. 回復が鮮明な企業業績と比べて日本株は割安、米国株はミニバブル
  3. 米国の緩和縮小と日本の経済正常化に伴い、株価の日米格差は縮小へ
ワニが口を開けたような日米株価
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【株価の日米格差は縮小へ ワニの口は年内に閉じる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株価の日米格差は縮小へ ワニの口は年内に閉じるのレポート Topへ