2021年06月12日

ソフトバンクGがカギを握る日経平均3万円回復の現実味

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

イデコ(iDeCo) 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

今年2月に30年以上ぶりに3万円を回復して話題になった日経平均株価は、5月中旬には2万7,400円台まで10%近く下落。その後も戻りが鈍く2万9,000円の足場を固められない状況が続いている。
 
株価下落と業績改善見込みで、伝統的な投資指標(PER)は割安な水準まで下がったように“見える”が、ソフトバンクグループの業績見通しを過大評価している可能性があり、実質的には割安と言い切れない。
 
今後、日経平均が実力で3万円を超えられるかは、ソフトバンクグループの業績動向が大きなカギを握っている。
 
◆ポイント
  1. 上場企業の2022年3月期は大幅増益の見込み
  2. 日経平均のPERは下限メドの14倍程度で割安に“見える”
  3. 影響度が高いソフトバンクグループの業績を過大評価している可能性がある
回復しない日経平均PER
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【ソフトバンクGがカギを握る日経平均3万円回復の現実味】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソフトバンクGがカギを握る日経平均3万円回復の現実味のレポート Topへ