2020年09月10日

業績見通し「未定」企業に引き続き要警戒-10月~11月の中間決算公表に向けた示唆

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

ETF 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が一巡した。年度初めに業績見通しを「未定」としていた企業の半数弱が業績予想を公表したが、極めて悪い内容が目立ち株価も軟調だ。
 
これらの企業は期初予想を公表しない理由を「コロナ禍の影響が読めないため」としていたケースが多いが、実際は「あまりに厳しい内容のため公表できなかった」のかもしれない。そうであれば、現時点で3割強残っている「未定」の企業には警戒が必要だ。
 
◆ポイント
  1. 20年度の業績予想を初めて公表した企業は、業績が大幅悪化の見込み
  2. 当然、市場の評価は厳しく、株価が急落したケースも少なくない
  3. いまだ「未定」の企業が見通しを公表するであろう中間決算に要警戒
「今回開示」した企業は業績が大きく悪化する見通し
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpeg

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【業績見通し「未定」企業に引き続き要警戒-10月~11月の中間決算公表に向けた示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

業績見通し「未定」企業に引き続き要警戒-10月~11月の中間決算公表に向けた示唆のレポート Topへ