2020年07月24日

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

新型コロナウイルス 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

まもなく2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が本格化する。例年このタイミングで業績予想を変更する企業は少ないが、年度末まで9ヶ月残っているにもかかわらず年間の業績見通しを変更するのには企業経営者の重要なメッセージが込められているようだ。
 
◆ポイント
  1. 第1四半期時点での業績見通し上方修正は“自信の表れ”
  2. 一方、下方修正は「悪材料出尽くし」とは限らず注意が必要
  3. 5年連続で上方修正した“常連”企業もある
業績見通し上方修正の“常連”企業
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpeg

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業のレポート Topへ