2020年12月28日

世界総楽観に潜む株価急落リスクを点検~2021年の株価見通し~

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

米中貿易摩擦 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

各国株価はコロナショックによる急落から意外なほど順調に回復した。現在の株価はファンダメンタルズ(企業業績など)では説明できない水準に上昇しており、バブルの様相を呈している。
 
そのバブルを作っているのは、「景気は回復に向かうが、世界的な超低金利は続く」という市場の“期待”だ。楽観相場に死角はないか。株価急落の要因となりうるリスクを点検する。

◆ポイント
  1. 景気回復と超低金利の継続“期待”で株価はV字回復
  2. 現在の株価は2年以上先までの業績改善を織り込み済み
  3. 株価急落のリスク要因を点検
    (1) ワクチン実用開始・普及
    (2) バイデン政権
    (3) 中対立の再燃
    (4) 信用リスクの顕在化


1――はじめに
2――期待先行でV字回復した株価
3――株価は2年以上先までの業績改善を織り込み済み
4――株価急落のリスク要因を点検
  (1) ワクチン実用開始・普及
  (2) バイデン政権
  (3) 米中対立の再燃
  (4) 信用リスクの顕在化
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【世界総楽観に潜む株価急落リスクを点検~2021年の株価見通し~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界総楽観に潜む株価急落リスクを点検~2021年の株価見通し~のレポート Topへ