コラム
2021年05月21日

中国、インフラ公募REIT上場へ~計9銘柄、発行総額は5千億円超となる見通し~

社会研究部 研究員   胡 笳

中国 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

2021年5月19日、中国・上海証券取引所と深セン証券取引所は「インフラ公募REITに関する公告」を発表し、中国における初のインフラ公募REITの上場スケジュールを公表した。同時に、機関投資家向けの説明等販売手続きが始まり、個人投資家は5月31日~6月4日の間に上海証券取引所と深セン証券取引所で公募REITの取引ができることになった。

今回公告されたのは、高速道路、倉庫物流、産業園区、汚水処理施設等の9銘柄で、発行総額は300億元(約5千億円)を超える見込みである。
図表 中国インフラ公募REIT銘柄情報一覧(2021年5月21日時点)
2020年4月30日、中国証監会と国家発展改革委員会は「インフラセクターにおける不動産投資信託基金(REITs)パイロットプロジェクトの実施に関する通知」を発表し、インフラセクターにおける公募REITが実現に向けて動き出した。その後、約1年をかけて制度整備が行われ、2021年4月21日から中国証監会はパイロットプロジェクトの上場申請書類の受付を開始、約1ヶ月の審査を経て、2021年5月17日に正式にインフラ公募REITが承認された。今回、承認された9銘柄のインフラ公募REITは北京、上海など優先区域に集中し、オリジネーターは今のところ国有企業が中心だが、一例だけシンガポールのGLPによるものもある(図表参照)。

インフラ公募REITの上場は中国としては初めての試みであり、運用経験の不足などから、十分なリスクヘッジができていないことを問題視している投資家も少なくない。一方で、上海証券取引所、深セン証券取所はインフラ公募REIT上場初日の変動幅を30%、その後1日の変動幅を10%に制限し、取引市場の安定性を保ち、投資家に理性的に判断するよう求めている。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

社会研究部   研究員

胡 笳 (こ か)

研究・専門分野
土地・住宅、中国不動産全般

(2021年05月21日「研究員の眼」)

アクセスランキング

レポート紹介

【中国、インフラ公募REIT上場へ~計9銘柄、発行総額は5千億円超となる見通し~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国、インフラ公募REIT上場へ~計9銘柄、発行総額は5千億円超となる見通し~のレポート Topへ