2021年01月20日

2020年中国REIT市場の現状と今後の見通し~公募REITが始動、民間資本や個人投資家に期待~

社会研究部 研究員   胡 笳

中国 REIT(リート) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2020年4月、中国ではインフラセクターを限定とした公募REITが正式にスタートした。2014年からスタートした類REIT市場も着実に成長している。本稿では、2020年中国のREIT市場の現状及び今後の見通しについて報告する。

2020年、中国類REITの発行額は2019年と比べ19.7%減少したが、世界で初めて新型コロナウイルスが確認された武漢の経済回復・再生のために、新型コロナ対策型類REIT商品の発行という特筆すべきことがあった。インフラ公募REITは中国の春節(旧正月)の時期である2021年2月前後に上場する見込みで、発行総額は約50~100億ドル(約5,000億~1兆円)となる見通しである。地方財源開拓措置の一環として、インフラ公募REITを通じた民間資本の吸収や個人資本投資家の参入が期待されている。

■目次

1――中国「類REIT」、「インフラ公募REIT」と「標準REIT」の比較
  1|仕組みの比較
  2|各REITの比較
2――中国類REIT市場の動向
  1|市場規模
  2|確定分配率の動向
  3|セクター別の動向
3――インフラ公募REIT創設の動向
4――中国REIT市場の今後の見通し
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

社会研究部   研究員

胡 笳 (こ か)

研究・専門分野
土地・住宅、中国不動産全般

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年中国REIT市場の現状と今後の見通し~公募REITが始動、民間資本や個人投資家に期待~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年中国REIT市場の現状と今後の見通し~公募REITが始動、民間資本や個人投資家に期待~のレポート Topへ