2019年09月13日

中国REIT市場の現状と見通し~2019年は公募REIT元年になるか~

社会研究部 研究員   胡 笳

中国 REIT(リート) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国では新たな法制度の整備を行い、公募によるREITを創設しようという動きがある。本稿では、中国のREIT市場の現状及び公募REIT創設の動向について報告する。

現在中国のREIT商品(類REITと呼ばれている)は私募ベースのものである。中国類REITの市場規模は5年間で1兆円を超え、商業セクターを中心としたものが多い。

しかし、中国の類REIT商品の発行が不動産市場にもたらした影響は米国や豪州、日本等のREIT(標準REITと呼ばれている)と比べると、類REITが直接的に実物不動産を所有できないことや私募であることから限定的である。

このため、中国では、透明性と流動性を持つ公募REITの導入を通じて不動産市場整備を行い、新たな投資機会を創出し、不動産ストックの再生・利活用、資産保有リスクの軽減、市場機能を通じた需給の適正化などにつなげようという動きがある。政府および民間は共に前向きに取り組んでいることから、中国に米豪日のような公募REIT商品が登場する日はそう遠くないだろう。

■目次

1――中国REITの特徴
  1|「類REIT」と「標準REIT」商品の比較
  2|仕組みと発行の流れ
  3|税制の課題
2――中国REIT市場の動向
  1|市場規模
  2|セクター別の動向
  3|確定分配率の動向
3――中国REIT市場の今後の見通し
  1|不動産市場の現状と課題
  2|REIT導入の経緯
  3|公募による標準REIT導入の動きと期待
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

社会研究部   研究員

胡 笳 (こ か)

研究・専門分野
土地・住宅、中国不動産全般

アクセスランキング

レポート紹介

【中国REIT市場の現状と見通し~2019年は公募REIT元年になるか~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国REIT市場の現状と見通し~2019年は公募REIT元年になるか~のレポート Topへ