2021年01月27日

新型コロナウイルスと各国経済-英国の変異種による感染拡大と経済活動状況

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

このレポートの関連カテゴリ

欧州 欧州経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国で新型コロナウイルスの発見が報告されてから1年以上が経過するが、感染は拡大を続け、収束が見えない状況となっている。
     
  • 特に、英国では感染力が強いとされる変異種が発見され、足もとの人口当たり新規感染者数は世界の中でも多く、冬には昨年春以来となる厳しい封じ込め政策を講じている。

  • そこで本稿では、英国経済を分析する上でも重要となる、新型コロナウイルスの感染状況、および封じ込め政策による人々の行動変化について高頻度データの状況などをもとに調査した。
 

・英国の新規感染者は年末年始にかけて急増しており、死者数も増加している。最近の人口当たりの感染者数・死亡者数は主要国のなかでも多い。

・イングランドでは昨年春を含めて、「ロックダウン(都市封鎖)」と呼ばれる封じ込め政策を3回実施している。1回目は昨年春(3月末~5月上旬)、2回目は昨年終盤(11月)、3回目は今年初め(1月~)である。

・人々の行動(混雑度や交通機関の利用状況など)はロックダウンを講じている時期に大きく減少した。ここから読み取れるロックダウンの厳格度は、1回目が最も厳しく、続いて3回目、2回目の順に穏やかになっていると考えられる。

・月次GDPからも、2回目のロックダウンによる経済の落ち込みは1回目と比較して全体的に軽微であったことが分かる。3回目のロックダウンによるGDPへの影響はまだ明らかになっていないが、行動データからは経済の落ち込みは1回目のロックダウンよりは軽微であるものの、2回目のロックダウン(11月)よりは落ち込む可能性が十分に考えられる。

・ONS(英国国家統計局)の感染率データでは、2回目のロックダウンを解除した12月以降には、変異種による感染が主流となっていたことが示唆されている。特にロンドンでは2回目のロックダウン期間中も明確な感染者の低下は見られず、ロックダウン解除後に感染が急拡大している。したがって3回目のロックダウン解除には慎重にならざるを得ない状況とみられる。

・一方、足もとでは感染者が減少に向かっていることに加えて、大規模なワクチン接種が開始されている。今後は、ワクチン普及による感染抑制効果も注目される。



■目次

1――概要
2――世界のなかでの英国の状況
3――イングランドの封じ込め政策
4――イングランドの封じ込め政策の影響・効果
  1|混雑度・レストラン・交通量データ
  2|月次GDP
5――イングランドの感染状況
6――ワクチン接種の状況
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、国際経済

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナウイルスと各国経済-英国の変異種による感染拡大と経済活動状況】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナウイルスと各国経済-英国の変異種による感染拡大と経済活動状況のレポート Topへ