2020年11月24日

米大統領・議会選挙-バイデン前副大統領が勝利確実。議会は上下院で多数党の異なるねじれ議会が濃厚に

経済研究部 主任研究員   窪谷 浩

このレポートの関連カテゴリ

米国 米国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  1. 11月3日に実施された米大統領選挙では、バイデン前副大統領の選挙人獲得見込みが306人と、過半数の270人を大幅に上回っており、バイデン氏の勝利が確実となった。
     
  2. 今回の大統領選挙では投票数が史上最多となったほか、投票率もおよそ120年ぶりの高水準となるなど、有権者の関心が高かったことを示した。
     
  3. 大統領選挙の出口調査は支持政党による党派性が強いことを示したほか、新型コロナの感染拡大に伴い米国経済が大きな打撃を受ける中、政策の優先順位として新型コロナの感染対策か、経済活動の再開を巡っても投票先が大きく分かれた。
     
  4. 一方、議会選挙では下院で民主党が過半数を維持した。上院は1月5日に実施されるジョージア州での決戦投票に結果が委ねられたが、前回選挙に続き共和党が過半数を維持するとみられており、ねじれ議会となる可能性が高まった。このため、与野党対立から議会政治が機能不全に陥ることが懸念される。
     
  5. バイデン次期大統領就任後の喫緊の課題は新型コロナ対策と追加経済対策。大規模な経済対策の実現を目指しているものの、ねじれ議会のために経済規模は縮小しよう。
(図表1)大統領選挙結果(州別選挙人獲得状況)
■目次

1.はじめに
2.大統領・議会選挙結果
  ・(大統領選挙結果):バイデン前大統領の当選が確実
  ・(出口調査結果):党派性を反映。「経済」や「新型コロナ」などが重要な争点
  ・(議会選挙結果):下院は民主党が過半数、上院は未定も共和党が過半数維持の可能性
  ・(ねじれ議会の影響):与野党対立で議会が機能不全となる可能性
3.バイデン次期大統領の喫緊の課題
  ・(新型コロナ対策・追加経済対策):大規模な追加経済対策を目指すものの、実現は難しい
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   主任研究員

窪谷 浩 (くぼたに ひろし)

研究・専門分野
米国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【米大統領・議会選挙-バイデン前副大統領が勝利確実。議会は上下院で多数党の異なるねじれ議会が濃厚に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米大統領・議会選挙-バイデン前副大統領が勝利確実。議会は上下院で多数党の異なるねじれ議会が濃厚にのレポート Topへ